顔のたるみは全てのたるみから

年を取ると顔がたるむのは仕方がないことかもしれません。

考えてみれば一カ所だけたるむとはおかしな話です。自分の悩みとして頬はいつからか気になっていましたが、最近まぶたまでたるんできて正直びっくりです。そしてそれは頭皮まで及んでいるみたいで、先日美容師さんにやんわりと指摘されてしまいました。

たるむと頭頂部の皮がつっぱってしまい頭皮マッサージで痛みを感じるほどになるそうです。まさに自分がその状況でした。そんな時たまたま耳の聞こえが悪くなる症状が出て「耳を引っ張って回すとよい」との情報を得たのでしきりに耳のマッサージを繰り返しました。そうすると驚くことに顔全体のたるみが薄くなり、目もぱっちりと開くようになったのです。

顔のたるみというとしきりに顔のマッサージをしたくなりますが、そうではなくそれを取り巻く皮膚や筋肉を正しく動かすことで、顔全体のたるみがなくなることがはっきりしました。皮膚や筋肉は自分の体全体に広がっているので一部分だけどうにかしようとしても駄目だということです。

体のたるみも同じで、部分やせというのはやっぱり無理があって全体的なバランスをとることがたるみの予防や改善に役立ちそうです。お腹をへこませたかったら背筋を鍛える、背筋を鍛えたかったら腹筋をするという感じでしょうか。小さな鏡で一部分だけ見て一喜一憂するのではなくて、大きな鏡で全体を見ることが大切になりそうです。