医者がいうには運動より食事を減らす事が大事

妊娠中から6年経過したのに絶賛増え続けている主婦の私は、今までさまざまなダイエットに挑戦しました。辛口評価!ラクルル愛用者のネット上の評判や私の口コミをご報告!

デトックススープダイエット、バナナダイエット、梅干しダイエット、糖質制限、ダンス、、、

どれもこれも誤差のような体重しか減りませんでしたし、一週間も続きませんでした。

食事制限は特に無理で、食後のデザートのお菓子を止める事はもちろんできませんでしたし、食事を減らそうものなら後からその分を取り返すかの如く食べてしまう毎日。

体重が減るどころか、増える始末。

食べちゃダメだと意識すればするほど、食への執着がすごくなります。

そんな私が最近、体重が減っているのです。

理由は1つ。少女漫画にハマりました。漫画ダイエットです。

なんの変哲もない少女が、すごいイケメンと恋に落ちるというテンプレのような物語にハマってしまいました。

綺麗な絵、清潔な世界観、登場人物に一人もデブはいないのです。

その漫画にハマればハマるほど、自分の容姿がそぐわない事を意識してしまいました。

この主人公ならこんなお菓子は食べない、この彼と一緒にいるのならこんな服を着ない、こんな顔のまま外をでない、など現実と照らし合わせるくせがつき

気づけば私は太った容姿のままではありますが、今まで行かなかったようなお洒落なカフェや雑貨屋、小物を見るようになりました。

そんな場所にいる人達はみな細いしお洒落でキラキラしていました。おばちゃんが行くには相応しくないとすぐに感じ恥ずかしくなりました。

私は家に帰り、今日着ていた毛玉のついたよれた服を急いで脱いで捨てました。

なんでこんな服を平気で着ていたのだろうととても恥ずかしかったです。

あわててクローゼットの服を見て一番お洒落だと思った服を手に取り着替えようと思ったけれど、その服もぜんぜん綺麗ではないのです。

生活感の溢れた、くたびれたワンピース。

それが私の持っている一番のお洒落な服だったのです。

私はいつのまにこんなに自分を見なくなってしまったのだろうと気付き、その場に座り込んでしまいました。

一枚一枚、服を見て、くたびれた服を捨てていくと、服は一枚も手元に残りませんでした。

私は着心地重視した服ばかりを買い集め、お洒落を目指す事をいつのまにか放棄していたのです。

この日を境に私は食事をきちんと減らす強い意志ができました。ダイエットは自分とまず向き合う事。強い意志から始まるのだと感じました。