敏感肌の人がコロナ禍のスキンケアで気をつけるべき3つのこと。

新型コロナウイルス感染症が流行してからマスクをつけることが増えて、肌荒れに悩んでいる人もいらっしゃるのではないでしょうか。

http://kikuya-ds.main.jp/

マスクをつけて生活しなければいけない日々でも、美肌を保てるスキンケアをご紹介したいと思います。

1.シンプルな成分のスキンケアを使う。

スキンケア商品の成分は、一昔前に比べて多様化しています。様々な肌質を持った人が自分に合うスキンケアを見つけることができるようになったともいえます。選択肢が多ければ多いほど自分に合ったスキンケアを探すのが難しいと感じる人もいらっしゃるでしょう。様々なスキンケアを探しているうちに、試したスキンケアで肌が荒れ、新しいスキンケアを試して肌が荒れということを繰り返した経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、シンプルな成分のスキンケアを選択することで、肌荒れをしない肌を維持することが可能になります。

2.顔をタオルで拭かない。

顔を洗った後に顔をふく際にタオルで拭くのではなくて、ティッシュペーパーを使うのが良いです。タオルで顔を拭くとタオルの繊維が肌の刺激になったり、洗濯で落としきれなかったタオルの雑菌や洗剤の成分が肌に付着して、肌荒れを起こすことがあります。

3.水分で肌を保湿するよりも油分で肌を保護することを意識したスキンケアを行う。

スキンケアをするときに肌に水分を補給させることを意識する人は多いのではないでしょうか。水分よりも油分で肌を保護するほうが良いといわれています。油分で保護することによって、水分が蒸発することを防ぐことができるからです。油分で保護することでマスクと肌の摩擦も防ぐことができます。

今まで敏感肌に悩んできた人、マスク生活で肌荒れに悩んだ人のどちらにも、これらの3つのスキンケアはおすすめです。

キレイなお肌を維持して、コロナ禍を穏やかに過ごせることを祈っています。