隠れてはいるけれど

30歳を過ぎ、肌がびっくりするほど変わった。特にシミ。プチプラ基礎化粧品のナントカ成分入りやらビタミンCやらを適当に塗りたくってきたが、そんなものじゃ抵抗とすら呼べなかったのかどんどん濃くなってきている。しかし高い化粧品や美容皮膚科に通う余裕などは我が家には無い。私の皮に金をかけるぐらいならボーロの一つでも我が子に買ってやりたいのが親心というもので、今日も「あぁ、シミがあるなぁ」と薄目で鏡をみるのである。

リンクルシャインの効果を3ヶ月間検証!

正直このコロナ禍でマスクをする様になってから化粧を全くと言っていいほどしていない。顔半分隠れているのに必要あるのか。もう既に死語と化している女子力というものが私の中では墓の中だ。そうして、気付いた。朝、シミを隠す時間が無いだけでここまでストレスフリーになるのだと。マスク、最高。などと我が旦那にウキウキと伝えると次の日に自分では絶対に買わないプチプラより一段階上の基礎化粧品セットを買って来てくれた。何と美容液まで入っている。

これには目をひん剥いた。私の中で死滅したと思っていた「美しくいたい」という欲求が、実はまだかすかに生きていたのだと旦那は見抜いていたのだ。抑えきれないウキウキを胸にビチャリと化粧水を付ける。いつもより時間をかけて乳液までつけ終わり、私は初めて肌で「満足」を味わった。これからもプチプラ様にはお世話になるけれど、少しの背伸びぐらいならしてもいいかもしれない。願わくばそれでシミが薄くなればと思うけれど、それは流石に少しの背伸びに対して荷が重すぎるとは思っている。