口臭の原因とはなにか

口臭とは細菌やタンパク質が分解されたときに発生する臭い。

ブレスマイルウォッシュの効果を徹底検証!

剥がれ落ちた粘膜のカスや食べ物のカスに含まれるタンパク質が、口の中の細菌に分解されて発酵し、臭いを含んだガスを出す。

唾液が減ることも原因。

口の中が乾燥すると、組織内部の悪いところを消そうとする自浄作用が低下してタンパク質を分解する細菌が増えて臭いが強くなる。

緊張やストレスも唾液を減らす。

自律神経が唾液の分泌を調整しており、緊張やストレスで交感神経が作用すると唾液が減って臭いを発生させる。

反対に、副交感神経が作用すると唾液の分泌が促されて臭いはしない。

朝に起きたときも臭いはする。

睡眠中は分泌される唾液の量が少ないため。

食事していない時間が長いときも同様に、唾液の分泌量が少ないので臭う。

女性の場合は、女性ホルモンが変動するときに影響が出る。

妊娠、月経、思春期、更年期など。

精神が不安定になるのが原因とされている。

もっとも臭いを発生させている原因は、舌苔と呼ばれる舌に付着した白い汚れである。

舌苔には細菌やタンパク質が多く含まれている。

歯石や歯垢も同様。

お酒やニンニクも臭いの原因である。

消化されたあと血液に移動した臭いの原因が口や鼻から放出される。

上記の事柄が、口臭の主な原因である。